Fusion360 日本語解説

Autodesk社の3DCAD Fusion360の解説サイト 初心者向けチュートリアルやモデリングテクニックをまとめています。 Fusion360で使える無料素材も揃えていきます。

Fusion360 日本語解説 イメージ画像

最新記事

名称:フリーズコマンド場所:スカルプ>修正>フリーズ機能:編集不可ゾーンの設定#Fusion360 スカルプ 複数のボディをいじるときに、ボディの設定で編集不可とかできればいいんですが、ないのでフリーズを使います。(外観は透明感のある材質を適用しておくと楽です) pic.
『フリーズ』の画像

名称:リブコマンド場所:モデル>作成>リブ機能:開いたスケッチを選択しリブを作成する#Fusion360 簡単にボスにリブを追加する方法。最初にボスの真ん中を通るように作図平面を作成してからスケッチしています。あと直線じゃなく曲線でもできます。 pic.twitter.com/lh0DIr4
『リブ』の画像

名称:フォームを編集コマンド場所:スカルプ>修正>フォームを編集機能:面、エッジ、頂点の移動などの操作一言:端のエッジを選択して、Alt+移動による押し出しが便利 #Fusion360 スカルプ エッジの押し出し ①[フォームを編集]→②エッジ選択→③ALT押しながらドラッグ
『フォームを編集』の画像

3DCADのギャラリーとかをのぞくと、時々有機的な形状をした作品を見かけますよね。今回はそれの簡単な作り方をご紹介します。 動画を見ていただければわかりますが、結構処理が重いです。エラー落ちする可能性もあるので、コマンド実行前には保存が必要です。あと、ボックス
『有機的な格子状のモデリング』の画像

レンダリングには、レイトレーシングとクラウドレンダリングの2種類があります。レイトレーシングは、PCで処理をするため性能の低いPCでは時間がかかります。クラウドレンダリングを利用することで、PCの処理性能に関わらず良品質のレンダリングイメージを作成することがで
『クラウドレンダリングすると床が消える対策』の画像

海外のユーザーさんが作られた動画です。内容はスカルプ(T-スプライン)を巧みに使ったシューズのモデリングです。とても参考になる良い動画です。
『動画紹介 シューズのモデリング』の画像

スカルプト中に、『シェーディング』と『シェーディング、エッジ表示のみ』を頻繁に切り替える方いると思います。わたしもその内の一人です。ところが、この表示切り替えは結構めんどくさいんですよね。海外のフォーラムを探っていたら、それを解決してくれるアドインを見つ
『シェーディング表示を切り替えるアドイン紹介』の画像

こちらはスカルプで作成したもの履歴から、このスカルプを編集してみましょうなんか見た目が汚い!なぜかというと、以前の結果が薄く表示されているためです。サーフェスの裏面(茶色)がちらちら見えているせいで汚く見えるのです。基本設定で、ゴースト化された結果のボデ
『スカルプの履歴を編集すると、見た目が汚くなる。直し方』の画像

巷で人気のオリジナルミニ四駆ボディを、自分もやってみることにした。どうせやるなら作り方とか、メイキング動画を作る予定でいる。色々なデザインのボディを作れればいいですね。とりあえず、市販されているミニ四駆のデザインを参考にしていこうかな。 
『ミニ四駆のボディをモデリングしてみる』の画像

Fusion360は、基本的にクラウド(ネット上)にファイルを保存します。これまで、クラウドと関わりを持たなかった人から見れば不安があることでしょう。そんな不安を少しでも和らげるため、図をつかって解説してみます。Fusion360で作成した3Dモデルは、A360というクラウドサ
『保存についてわかりやすく解説』の画像

設定は簡単で、画面下部にあるグリッドのアイコンから、「増分を設定」を押します。デフォルトでは、アダプティブにチェックが入ってますが、これを固定にします。あとはお好きな数値に設定するだけです。アダプティブの状態だと、カメラのズーム倍率によってスナップ距離が
『グリッドスナップ距離の変更方法』の画像

はじめにFusion360とは、Autodesk社が提供しているクラウドベースの高機能3DCADソフトのひとつです。通常、3DCADソフトというのは数十万~数百万円の価格がつけられているものですが、Fusion360は月額数千円で運用することができます。ただし、非営利・趣味用途であれば無料
『Fusion360ってなに?』の画像

まず起動直後から説明していきます。最初はなにもありませんね ここからスケッチをしていきます。ツールバーから[スケッチを作成]を実行。スケッチ平面を指定します。ほとんどの人は、デフォルトで用意されているX,Y,Z平面のうちどれかを選びスケッチを開始します。 (ちな
『スケッチの基本』の画像

Fusion360の読み方 #3DCAD #Fusion360— いそぷろ (isopro) (@isopro91) 2015, 12月 20 Fusionはふゅーじょん以外に読み方はありませんが、360は悩みますねとりあえず今のところは、さんろくまるが有力。Autodesk社の方はスリーシクスティーと呼んでいるそうですが、なんか浸
『Fusion360の読み方は』の画像

鉄球によって押しつぶされる、S字のゴムを再現してみた力は重力のみ これが押しつぶされる様子を保存してみた。重力によって鉄球に押しつぶされるS字ゴムのアニメーション #Fusion360 pic.twitter.com/DpoLzaVjw5— いそぷろ (isopro) (@isopro91) 2015, 12月 20  やり方
『CAE解析結果のアニメーションを保存』の画像