Fusion360 日本語解説

Autodesk社の3DCAD Fusion360の解説サイト 初心者向けチュートリアルやモデリングテクニックをまとめています。 Fusion360で使える無料素材も揃えていきます。

Fusion360 日本語解説 イメージ画像

最新記事

シェルは面の選択とコマンド実行のタイミングによって結果が異なることがありますので、それをご紹介動画解説こちらは、コマンドを実行してから、あけておく面を選択した場合のものです。この場合はあとから複数の面を選択することはできません。次は、コマンドを実行する前
『シェルの使い方』の画像

キャンバス上に図面を表示しておくと、既製品のモデリングがとてもスムーズになります。やり方はすごく簡単でツールバーの挿入>アタッチされているキャンバスを実行し、貼り付けたい面と画像を指定するだけです。
『図面を下絵にモデリングのすすめ』の画像

こういった構造物の中心部分などにスケッチする場合は画面右にあるスライスにチェックをいれましょうすると、スケッチ面の部分で断面表示されますこれでスケッチが描きやすくなりました
『スケッチの断面表示』の画像

直線:L長方形:R円:Cトリム:Tオフセット:Oプロジェクト:Pスケッチ寸法:D標準/コンストラクション:X使用頻度で考えると直線:L長方形:R円:Cスケッチ寸法:Dを最初に覚えるとスムーズに描き進めることができる。 

画面左のツリーに注目赤矢印で示している部分を右クリックし、表示されるコンテキストメニューからSTL形式で保存を選択。これで複数のコンポーネントやボディもまとめてSTLにできます。もちろん個別に選択して、STL形式で保存することもできます。
『STL形式での保存』の画像

名称:ホームの復元コマンド場所:アニメーション>トランスフォーム>ホームの復元機能:ホームの位置にコンポーネントを移動させる 
『ホームの復元』の画像

名称:コンポーネントを移動コマンド場所:アニメーション>トランスフォーム>コンポーネントを移動機能:コンポーネントの移動、タイムラインにキャプチャされる。
『コンポーネントを移動』の画像

名称:新しいストーリーボードコマンド場所:アニメーション>ストーリーボード>新しいストーリーボード機能:新しいストーリーボードタブを作成 
『新しいストーリーボード』の画像

ストーリーボード新しいストーリーボードトランスフォームコンポーネントを移動ホームの復元自動分解:1レベル自動分解:すべてのレベル手動分解表示/非表示外観注記コールアウトを作成表示表示パブリッシュ ビデオをパブリッシュ  
『コマンド解説 アニメーション編 目次』の画像

この記事はメイキングの紹介はしません(動画録ってないので。要望があればやろうと思います) シャーペンのモデリングをしていて気づいた部分を中心に書こうかと思います。とりあえず最初にレンダリングイメージを載せておきます。シャーペンのモデリング自体は特に難しい
『シャーペンのモデリング』の画像

今回は重なったスケッチの選択方法について用意した例は、補助線(コンストラクション)と実線が重なった状態のものを見ていく。長方形の短辺を選択しようとしても、補助線を選択してしまう。そういった場合は、選択したい箇所を長くクリックし続けると、選択メニューが表示
『重なったスケッチの選択方法』の画像

名称:長方形コマンド(2点・3点・中心)場所:モデル>スケッチ>長方形機能:長方形を描くその他解説動画による解説 
『長方形』の画像

名称:線分コマンド場所:モデル>スケッチ>線分機能:線分を描くその他解説動画による解説 
『線分』の画像

名称:スケッチを作成コマンド場所:モデル>スケッチ>スケッチを作成機能:平面上にスケッチを作成しますその他解説動画による解説 
『スケッチを作成』の画像

スカルプの回転コマンドでコップをつくります。この時気を付けないといけないのが面の数です。動画解説回転用のスケッチを用意します。角を丸めておくほうがいいです。スケッチ曲線を回転させます。まずここで思うのは、思いっきりカタチが違うことですね。面の数が8個しかな
『スカルプの回転で気を付けること&コップをつくる』の画像