最初の図面を描くところまでの流れは図面の描き方をご覧ください。

今回は以下のような形状の図面、断面図の作成までを紹介していきます。
1

1.断面図の作成

2
親ビューの設置までやってある状態で始めていきます。

3
断面図の追加は、ずばり[断面図]コマンドで行います。

4
断面図の元となるビューを選択します。

5
次に断面線を描きます。
今回は中心に描くために、上の四半円点をスナップさせてから
断面線の始点を決めました。

6
次の点(終点)を決めます。
この後、さらに続けて断面線を描き続けることができますが、
ここで終了する場合はEnterキーを押します。

7
断面図の配置場所を決めます。

8
その断面図のスタイルや尺度は設定できますので、
設定後OKをクリックします。

9
これで断面図の追加完了です。

2.ビューを編集

10
もし断面図を追加したあとで、スタイルや尺度を変更したくなった場合は
断面図のビューを右クリックし、ビューを編集をクリックします。

11
これで設定を変更することができます。

3.中心マークの追加

12
断面線といいつつ、間の補助線的なものがありません。
これでは気持ち悪いので、中心線を描いておきましょう。
(まぁ普通軸穴系は、そんなの関係なく中心線描くでしょうけど)

13
軸や穴の中心線は、[中心マーク]コマンドで描くことが出来ます。

14
コマンド実行後、図のエッジをクリックすることで中心線がひかれます。

15
寸足らずな中心線になっているので、断面線まで伸ばしましょう。
中心線をクリックすると、線分の端点に矢印が表示されます。
それをクリックすると、端点の場所を変更することができます。 

16
これで断面図、及び中心線の追加完了です。