Fusion360 日本語解説

Autodesk社の3DCAD Fusion360の解説サイト 初心者向けチュートリアルやモデリングテクニックをまとめています。 Fusion360で使える無料素材も揃えていきます。

Fusion360 日本語解説 イメージ画像

CREATE(作成)

名称:リブコマンド場所:モデル>作成>リブ機能:開いたスケッチを選択しリブを作成する#Fusion360 簡単にボスにリブを追加する方法。最初にボスの真ん中を通るように作図平面を作成してからスケッチしています。あと直線じゃなく曲線でもできます。 pic.twitter.com/lh0DIr4
『リブ』の画像

名称:基準フィーチャーを作成コマンド場所:モデル>作成>基準フィーチャーを作成機能:タイムラインに履歴を残さないベースフィーチャーの作成その他解説Fusion360では通常モデリングをしていく過程で実行したコマンドなどは、画面下部にあるタイムラインに履歴が記録されて
『基準フィーチャーを作成』の画像

名称:フォームを作成コマンド場所:モデル>作成>フォームを作成機能:ワークスペース SCULPT(スカルプ)へ移るその他解説ワークスペース SCULPTで自由曲面形状を作成するために、最初に行うコマンド実行後、このような画面が表示される。意味は、スカルプト環境に移りまし
『フォームを作成』の画像

名称:境界塗り潰しコマンド場所:モデル>作成>境界塗り潰し機能:交差する形状群から抜きだす形状を選択し、新たにBodyなどを生成するその他解説以降の解説に用いるサンプルはこちら↓青い円柱Bodyと赤い直方体Bodyを使ってコマンドの解説を行います。コマンド実行後、Tool
『境界塗り潰し』の画像

名称:厚みコマンド場所:モデル>作成>厚み機能:サーフェスに厚みをつけソリッドにするその他解説SCULPTやPATCHワークスペースで作成したサーフェス(面)に厚さをつけることができる。DirectionでOne Side(一方向)かSymmetric(両側対称)かを選択可能
『厚み』の画像

名称:ミラーコマンド場所:モデル>作成>ミラー機能:指定したミラー平面の反対側にコピーするその他解説動画による解説 
『ミラー』の画像

名称:パス上のパターンコマンド場所:モデル>作成>パス上のパターン機能:パスに沿ってコピーするその他解説動画による解説 
『パス上のパターン』の画像

名称:円形状パターンコマンド場所:モデル>作成>パターン>円形状パターン機能:軸を中心にコピーその他解説動画による解説 
『円形状パターン』の画像

名称:矩形状パターンコマンド場所:モデル>作成>パターン>矩形状パターン機能:縦横にコピーするその他解説動画による解説 
『矩形状パターン』の画像

名称:ねじコマンド場所:モデル>作成>ねじ機能:ねじの作成その他解説動画による解説  
『ねじ』の画像

名称:穴コマンド場所:モデル>作成>穴機能:穴の作成その他解説動画による解説 
『穴』の画像

名称:ウェブコマンド場所:モデル>作成>ウェブ機能:開いたスケッチ曲線から薄いフィーチャー作成その他解説動画による解説 ウェブという言葉を何と解釈すればよいか悩み中リブ? 
『ウェブ』の画像

名称:ロフトコマンド場所:モデル>作成>ロフト機能:複数の閉じたスケッチや平面を選択しロフト形状を作成するその他解説動画による解説  Operationについては別の記事にて解説 
『ロフト』の画像

名称:回転コマンド場所:モデル>作成>回転機能:軸を中心に閉じたスケッチや平面を回転させるその他解説動画による解説読み方は、リボルブかレボルブか…
『回転』の画像

名称:押し出しコマンド場所:モデル>作成>押し出し機能:閉じたスケッチや平面を選択し押し出すその他解説動画による解説動画でDirectionのところでSymmetryと書いていますがミスです正しくはSymmetric 
『押し出し』の画像

名称:パイプコマンド場所:モデル>作成>パイプ機能:曲線やエッジを基にパイプ生成その他解説今回の解説では曲線のスケッチを利用する。Pipeコマンド実行後、曲線を選択する。(Path)曲線に沿ってオブジェクトが生成される。デフォルトでは棒形状Section Sizeは断面のサイ
『パイプ』の画像

名称:スイープコマンド場所:モデル>作成>スイープ機能:断面とパスを指定しスイープ形状作成その他解説動画による解説  Operationについては別の記事にて解説 
『スイープ』の画像

名称:コイルコマンド場所:モデル>作成>コイル機能:バネ形状の作成その他解説コマンド実行後、配置する平面と中心点、基準円直径をきめると上のようなプレビュー表示される。Type別にみてみましょうRevolution and Height巻き数と高さで形状決定Revolution and Pitch巻き数
『コイル』の画像

名称:トーラスコマンド場所:モデル>作成>トーラス機能:輪っかオブジェクトの生成その他解説コマンド実行後、配置する平面と中心点を指定すると上のようなプレビュー表示になる。矢印をドラッグするか、各パラメーターの数値を変更することで形状を変更できる。Positionと
『トーラス』の画像

名称:球コマンド場所:モデル>作成>球機能:プリミティブ形状、球の作成その他解説コマンド実行後、配置する平面、中心点を指定すると上のようなプレビューが表示される。矢印をドラッグするか、Diameterの数値を変更することで球の大きさを変えられる。動画による解説Opera
『球』の画像

名称:円柱コマンド場所:モデル>作成>円柱機能:プリミティブ形状、円柱の作成その他解説コマンド実行後、配置する平面、中心点、直径を決めると上図のようなプレビューが表示される。矢印をドラッグするか、Cylinderウィンドウで数値を変更することで、円柱の寸法変更が行
『円柱』の画像

名称:直方体コマンド場所:モデル>作成>直方体機能:プリミティブ形状、直方体の作成その他解説コマンド実行後、配置する平面を選択し、縦横の寸法を決めると上図のようなプレビューが表示される。画面に表示されている矢印をドラッグするか、BOXウィンドウで数値を入力する
『直方体』の画像