今回はボタンをモデリングします
一応穴のサイズは流通しているものを参考にしているので、3Dプリントして使うこともできます。

動画


解説
00:00~
1_最初は円をかく
まず最初はスケッチから
円コマンドを使います。”スケッチを作成”から始めてもいいです。

00:15~
2_グリッドを参考に原点から2mmのとこを中心にする0015
原点から右へ2mm、上へ2mmの場所に直径2mmの円を描きます。
グリッドを参考にすると楽です。

00:25~
3_配列コピー0025
先ほど描いた円をコピーします。
矩形状パターンコマンドを使います。
4_4mmの間隔0040
矩形状パターンは基本的には縦横に選択したオブジェクトをコピーするコマンドです。
今回は左へ4mm、下へ4mmの間隔で、合計4つの円になるようにコピーします。

01:00~
5_適当な大きさの円をかく0100
次は適当なサイズの円を描きます。
6_3mm押し出し0115
そして押し出しコマンドで厚さ3mmで押し出します。

01:30~
7_ボタンの上面に円をスケッチ0130
ボタンの上面に円をスケッチします。
これも直径は適当です。
8_そして押し出し
その後押し出しコマンドで、1mm押し下げ切り取ります。

01:45~
9_角をフィレット0145
フィレットコマンドで角を丸めます。
10_内側もフィレット0205
内側も同様に丸めておきます。
11_完成
完成!

レンダリングイメージ
button