今回は蛇腹ホースっぽいものをモデリング

動画


解説
00:00~
1_スプラインとパイプでパイプ作成0000
まず上のようなものを用意します。
(スプラインで描いた曲線にパイプコマンドを使いつくりました)
2_トーラスをつかいます0000
トーラスコマンドを使います。

00:15~
3_パイプの端につくります0015
パイプの端面に輪を作ります。
操作の設定を新規ボディに切り替えることを忘れずに

00:25~
4_パターンの登場0025
今回のメインともいえる、”パス上のパターン”コマンドの登場です。
5_パス上にコピーします0035
この辺の操作は動画で見たほうがわかりやすいので、あえてここでは解説しません。
余談ですが
今回パスに指定した不思議な線は、シームと呼ばれるものです(たぶん)
閉じたサーフェスに必ずつく線ですね、0と1の境界ともいえますが。

01:30~
6_最初につくったトーラス削除(しなくてもいいが)0130
コピー後の様子
最初にトーラスでつくった輪は消しました。
別に消さなくてもいいですが、見栄えがちょっと悪かったので

01:45~
7_すべて選択し結合0145
すべてを選択し、結合コマンドで結合します。
(ブーリアン:和)
8_完成
これで完成です。
最後にシェルで中をくりぬいてもいいかもしれません。
ですがやる前に保存しておくことをおすすめします。かなり処理が重いです。 

レンダリングイメージ
pipe